kenpi20の灰色マインドマップ日記

かけだし作家志望(某メーカ研究職→事務職)による、現状把握・思考整理

短編小説の新人賞に応募したーー「執筆していて楽しいこと」が直近の目標かつ最終的なゴール

 


時間がないので手短に!

 

 

---

 

二か月ぶりにとある小説の新人賞に応募するため、有給を一日とり、小説を書いていた。

今回は、二作を出す予定だった。

「別の賞の落選作を手直ししたもの」と、「完全新作」だ。

 


だが、モチベーションが保てず、またスケジュール管理も甘かったため、「完全新作」は完成しなかった。

結果、「別の賞の落選作を手直ししたもの」だけを応募した。

 

 

 

そのことで、かなり落ち込んでいた。

色々考えてやっているつもりだったが、執筆の管理を出来なかったことで、自責の念に苛まれていた。

 


仕事の忙しさだとか、そういうものは言い訳に出来ない。もっと忙しい兼業作家などいくらでも居る。

 


だが、自責ばかりしていても仕方がない。

今回の反省を踏まえて、なぜ管理が出来なかったのか、今後どうするかを考えていこう。

 

 

 

---

 

作業進捗を出す(≒手を動かす)(≒モチベーションを保つ)方法論として、大まかに2種類を使ってきた。


「遠くの目標(最終目標)」と「近くの目標」だ。

 


新人賞応募者にとっての「遠くの目標」は、

「プロの作家になった上で、それなりの収入を得て、今の仕事を辞めて小説に専念すること」だろう。

人によっては、「それに付随する社会的地位・名誉・羨望の眼差し」もあるかもしれない。

僕に限って言えば、「楽しい執筆作業を生活のメインにしたい(=時間をたくさん使いたい)」だ。

 

 

 

一方で「近くの目標」とは、

「直近の締切(応募締切、即売会など)」のことだ。

 

 


これら2つは(言うまでもなく)繋がっている。

つまり、「プロになって、楽しい執筆作業を生活のメインにするため」に、「直近の締切」を設定していることになる。

 

 

 

で、今回この2つを使っていたのに、何故新作を上げられなかったのか。

 


正直に言って今回は(今回も?)小説を書くのが辛くて、嫌々書いている時間が多かった。

その理由としては、「プロになって、楽しい執筆作業を生活のメインにするため」という目標に、何か違和感を覚えていたからだ。

 


それで今日よく考えてみたところ、その違和感の正体が(おそらく)分かった。

無意識に「執筆作業を生活のメインにする」(=売れる)ことを目標に考えていたため、

楽しい執筆(=自分が理想のものを追い求める行為)から離れていったのだと思う。

これが、執筆が辛かった原因だ。

 


こうした自体を避けるために、

一度「執筆作業を生活のメインにする」(=売れること)(=新人賞受賞を第一義の目標にすること)から離れたほうが良いのかもしれない。

 

 

今一度、自分の好きなものを好きなように書くのだ。

そうであれば、執筆中は「楽しい」はずなのだ。

 

 

勿論その場合、戦略的に新人賞受賞を狙うよりは遠回りになるだろう。その間、やりたくない現業もやらなければならない。

でも、これは仕方のないことだと思う。仮に「売れる作品」を追い求めたとして、その先に有るのは「やりたくない執筆」であり、それは現業とさほど変わらないからだ。

 


※逆に言えば、「売れ筋を狙う戦略を放棄する」=「やりたくない現業も定年までやるのだ」という覚悟を持たなければならない。持つか……持ちます!

 

 

 

そんな訳で、今日からは「執筆していて楽しいこと」を第一義に考えてみよう。

もちろん常に楽しいことはないだろうが、ぱっと何かがひらめいたり、集中しているときには楽しくなるはず。

 


そして「楽しくないターン」をやり過ごせるように、「近くの目標」を再設定していこうと思う。

 

 

 

別の問題として、

・肉体的疲れ(によりモチベーションが保てない)

・仕事の長時間拘束(によりモチベーションが保てない)

ということもあるだろうが……そういう具体的なことは、これから考えていこう。

 


繰り返すが、「執筆していて楽しいこと」、これが直近の目標であり、最終的なゴールでもあるのだということを覚えておこうと思う。

(あくまで現時点での結論だが)

 

 

---

 

あまりまとまっていないが、今日はこの辺で。