kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【仕事】「メーカーの研究開発職」から「某県庁公務員(事務系)」への転職のモデルケースとして

 

今日は、転職して3ヶ月経った今の雑感を書こうと思う。 


「メーカーの研究開発職(技術職)」から「某県庁公務員(文系職)」への転職のモデルケースとして。

 


—-

 


先に結果だけ書くと以下のようになる。 

 


・仕事の負荷が格段に減った(忙しい職場もあるあらしいが)。 

・公務員はやはり、良くも悪くもルール重視である。 

 


言うまでもなく、今の職場のみに対しての意見なのであまり大きく捉えないように。

 

 

 

—-

 


具体的に、何がどう変わったのか見ていこう。

 

 

何より変わったのは、前の職場が極端に忙しかった(難しかった)が、今の職場が極端に楽だという点だ。

 


まず前の職場(某メーカーの研究開発職)は、忙しいし、難易度が高かった。 

企画課や生産現場から「こういう商品(機械)が欲しいので、作ってほしい」 (例えば、「柔らかい物を1秒間に1個のペースで持ち上げるもの」)

と言われて、それを何人かで考えて、作る仕事。  

今までに無いものを作る仕事なので、例えば「三本指のロボットでいけるか?」と考えて作ってみて、結果失敗、なんてこともよくあった。 

どこかに正解が書いてある訳ではないので、とても頭を使うし、真面目にやっても成功するか分からないので、緊張しっぱなしだった。 

人によっては、これにやりがいを感じるだろう。 

 

 

 

今の職場(某役所の事務仕事)は逆で、忙しくないし、関連法律さえ理解していれば難しくはない。 

何かしら問題が起きている案件(例えば、「ある地区の住人が立ち退きに反対している」「税金についてクレームが来ている」等)が渡され、それを法律に則って対応していく仕事。 

こうした案件は、途中の進め方(例えば住人に対する具体的な話し方)に多少のオリジナリティを持つことは出来るが、最終的な処理内容は法律に全て則るしかないので、自己判断の余地はなく、大きな失敗はない。 

正解がはっきり文書で明示されているので、覚えてしまえば頭を使う機会は少ないし、失敗もありえず、緊張する場面はない。 仕事にかかる時間も大体予想できる。

人によっては、これを退屈と感じるだろう。

 

 

 

※説明のために「ロボット」「クレーム」といった言葉を用いたが、これは単なる例であり、実際に僕が業務でロボットやクレームに触れることはない。

 


—-

 

 

二つの仕事の具体的な違いは分かって頂けただろうか。 

これらをどう感じるか、どちらの方が合っているかは人それぞれだ。 

 


前の職場は、離職者もそれなりに居たが、心底仕事を楽しんでいる者も多かった。 

忙しくはあったが、クリエイティブな仕事だし、やりがいはあった。 

僕自身も、徹夜で装置を作り上げて大きな実績(会社の利益)に貢献した時は、達成感を得られた。誤解を恐れずに言うが、「がむしゃらに働くこと」を望んでいる人間も多少は存在するのだ。  

 


ただ僕は、それよりも「睡眠時間を確保できること」「確かな休日があり、恋人・妻と過ごせること」「家事や趣味に気を向けられること」を選んだ。それだけの話だ。 

 


僕は理工系の院卒なので、経歴を使わないという意味では勿体ないという気持ちもあった。生涯賃金も下がっただろう(残業代、出張代を差し引けばどちらが得か分からないが)。  

 


しかし、三ヶ月か経った今、後悔は特にない。 

定時で帰れること、仕事で無理を言われないこと、住みたい町で暮らせることが本当に嬉しい。 

これが今の僕の偽りない心情である。 

 


ただ公務員の常として、ローテーションと称して数年で異動となるので、今の状況がいつまでも続くとは思えない。 

 

だが、それも含めて大きな不安はない。

これほど心穏やかに過ごせている日々は、人生で初めてである。

 


—-

 

 

 

※最後に、話は変わるが、「県庁の業務」にはどのような種類があるのかをざっくり書いておこう。 

 


県庁の勤務地は大きく分けて二つ、「本庁勤め」と「それ以外」がある。 

 


「本庁」とは○○県庁という建物そのもののことだ。ここに勤めている人間は、多くの方が想像する通り、その県全体を運営するための仕事(条例の草案を作ったり、大きな建設・イベントの運営など)を行なっている。  

一般的に、本庁での仕事は組織の中枢を担うものであり、忙しい傾向にある。 

※とはいえ今のご時世、サービス残業はあまり聞かない。

 

 

 

一方「それ以外」とは、県庁以外の県の施設(県の税事務所、県立高校、浄水場、県立動物園や美術館、その他)で働く仕事のこと。 

県庁よりも現場に近い仕事であり、忙しくない場合が多い。また、ルーティーンの中で行うような業務が多い。 

 


誤解を恐れずに書くと、本庁勤めの方が、一般的に「エリート」と言われるような仕事だ。つまり民間で言うところの本庁のようなもの。 

 

ただ本庁とその他は完全に分かれているわけではなく、例えば数年「その他」で働いた後に本庁に行ったり、本庁で働いてからその他に行ったり、それらを繰り返すこともある。 

 

こうした動きは、上層部のポジティブな思惑があるのか、ネガティブな思惑があるのか、それとも単なる人数の整理なのか、色々なケースがあり一概には言えない。 

 

ただ一般的に、大卒や院卒の枠で入った者は、最終的に本庁勤めとなることが多いようだ。 

 

 

—-

 

 

長々書いたが、僕個人としては、人生は大きく好転した。転職して良かったと思っている。 

 


しかし貴方は僕ではない。転職の時期も違う。 

貴方がどうなるかの保証は僕には出来ない。 

よく考えて決断して頂きたい。どんなに考えても結論は出ないしリスクを負うしかないのだが、 

将来について真剣に考えた時間は、決して無駄にはならない。 

 

【演劇感想】『誰も寝てはならぬ』(feblaboプロデュース)

◾️『誰も寝てはならぬ

(feblaboプロデュース)

 

f:id:kenpi20:20180430142752j:image

 

 

「演劇を完成するまで帰れません」 

近未来、演劇がとうの昔に廃れた世界。

実験と称し、廃劇場に閉じ込められた素人7人が、演劇の練習を強要させられる。

果たして彼らは演劇を完成させられるのか?

コメディ調メタ演劇。

 

 

 

 

◾️感想
全体の出来としては、偉そうなことを言えば「まあまあ」なのだけど、ラストのオチは好み。こういうの見るために小劇場来てる。

終盤までの芝居ががった芝居とコメディシーンは凡庸だが、それをここであまり求めるのは酷だろうか。 

 


大オチがある物語なのでミステリオタクの立場から読むと、ラストに至る伏線が少なすぎると言える。  

 

メタ演劇ですよと明言する始まりは良いとしても、「演じることに対する違和感、照れ、葛藤」といったシーンをもっと入れてほしい。登場人物がそういう「演技の違和感」を覚えるシーンがあれば、観客も観劇中に「演じること」について考える時間を持てたのではないだろうか。 

 

別の言い方をすると、劇中で彼らは芝居の稽古をする訳だが、その稽古の具体的な進捗や成長が描かれていない点が問題であるように思う。彼らが「演じることを受け入れる(理解する)」シーンがあってこそ、演技と本音の境目が曖昧になるあのラストシーンが映えるのではないか。 

本劇は70分と短い訳だし、もっと時間を割いて彼らの成長(演技の自覚)を描くべきだったと思う。言わずもがな、そういったシナリオを書くのは難しいだろうが。 

 


もしもそうではなく、伏線ゼロの唐突なラストにするのであれば、

何も勘ぐられずに楽しめるように、各コメディシーンはもっと気を使って自然にするべきだろう。しかし、各シーンを違和感なく(ストレスなく)笑って見させるには、世界観があまりにも異質であり難しい。こちらのシナリオも相当難しいと言わざるをえない。

 


他の点。

世界観の説明は、最後まであまりきちんとなされなかった。「演劇という文化が消え失せた近未来」との事だったが、”演劇”という言葉が知られてない程に異世界なのに、仕事やバイト代などはやたらとリアル。深く考えると成立してないように思う。まあ、これで流してしまえるのは演劇のメリットかもしれない。

 


役者さんの演技、演出に関しては特にコメントなし。途中、場面切り替えの暗転と見せかけて、暗いまま夜間のセリフが流れるシーンがあり、あそこは面白かった。 

 

 

 

長々書いたが、やろうとしていること(オチの種類)はかなり好みのタイプで、楽しめた。役者さん達も難しい役に挑戦していたと思う。 

 

この劇団の物はまた見ようと思う。目指している物が面白い以上、いつかは大傑作を作りあげることになるだろう、と思うからだ。今後に大いに期待できる。

 

 

 

 

 

 

 

【演劇感想】『自己紹介読本』(城山羊の会)

◾️演劇『自己紹介読本』

(城山羊の会)

2018年4月17日

 

f:id:kenpi20:20180430143114g:image

 

 

駅前の噴水前で待ち合わせをする人々が、意味もなく話を始め、意味もなく相手の人生に干渉し……というブラックコメディ。

 

笑えるけど本当に気まずい。

恋愛、結婚、妊娠、中絶、精神病の全てを茶化しながら「なんで見ず知らずのアンタにそんなこと言われなきゃいけないの?」という気まずさだけで90分もたせたお話。

人間社会ががいかに無意味か、表層的かを見せつけられる恐ろしい演劇。

 


観ててイライラしながらも、何度か声出して笑ってしまった。人間がいかに下品で、自己中心的で、野次馬根性と性欲に溢れているかよく分かる。人間社会がとても無意味で、表層的であるかのように思わされる。まあ実際には、この演劇が表層的な(面を殊更強調している)だけなのだろうが。 

 

 

僕はこの劇団が好きで何度か観に行ってるのだが、毎回かなり似通っていて、「性欲と下世話な好奇心だけの本性が曝け出されていく」というテーマになっている。 

もちろんそれを成立させるだけの演出と演技は素晴らしいものだ、という前提はあるにして、 

はたしてこれらの物語はどれだけ現実的か?(現在を表しているか?)と考えてみる。 

 

そう冷静に考えると、やはり非現実的で、人間のある一部分だけをむやみに拡大しているような歪さを感じる。 

これはもちろん、「愛こそ全て」というような、人間の明るい面だけを拡大したありきたりな物語群へのカウンターなのだろうが、それにしては演劇として完成されすぎていて説得力が強いのが恐ろしい。 

 

とはいえ、上記のような「ありきたりな物語」がそれほど今や世界に蔓延っているとは思えないし、そういう意味では今このカウンターをやること自体にあまり意味はなく、単なる露悪趣味として(これが事実の部分拡大だと大いに理解した上で)観るべきなのだろうか。 

 

だとすれば、かなりの精神強者向けの物語ということになる。 

 

僕は、その間の中途半端な位置から観ることしかできなかった。

何にせよ演出・演技力を楽しむためだけにでもお金と時間を使う価値があるので、また次回も見ることにする。

 

 

 

 

 

 

 

【日記】 結婚は人生や人格の保証にはならない

2か月空いたのでブログを書こうと思う。


入籍した。

前回まで、親との確執の話をさんざん書いたが、もう連絡を絶ったので、そちらでは何の進展もない。
連絡を絶ったまま入籍し、名前を変え、仕事も変え、住居も変えている。


とにかく忙しい。
ライフラインの契約や、住居の契約、荷物の運び出しなどで毎日てんてこ舞いだ。
嬉しいとか、寂しいとか、そういうことを考える暇すらない。
毎日ひたすら作業をしている。  

 

続きを読む

【家庭問題】 結婚を前に、毒親(?)と"対決"した

 

親との関係に進捗があったので報告。

 

タイトルにある"対決"とは、

「実は今までこんな不満があった」と、毒親と腹を割って話す行為である。

 

続きを読む

【家庭問題】 婚約した ――自力で生きることと孤独に生きることは違う

 

 近況報告だが、表題の通り。

 

それに関連して、以下の2つのことを書こうと思う。

 

・家族と離れても、人は不自由なく生きていける。

・自立は必要だが、孤独である必要はない。

 

続きを読む

【家庭問題】毒親(?)のもとに一年ぶりに帰省した

 

久しぶりに親との事を書こうと思う。
以前の日記から日が空いたので、その間の動向を書こう。

 


---

 

まず脱線というか言い訳から。

 

これまで長時間、親との件を書かなかった理由は、「①万が一にも知り合いに見られたくないから」「②思い出したくないから」である。

 

①は、今までは自暴自棄というか、別に人生なんてどうなっても良いと思っていたが、最近になって、そうでもなくなってきたからだ。今後はあまり具体的な話は書けないかもしれない。

 

②は、これも心境の変化であるが、親と別居している今、自分の平穏のために1番良いのは「思い出さないこと」なのだ。だから文字にすることも躊躇っていた。

 

では、それなのに何故書くのかというと、それは「ごく少数の毒親持ちの人が、このブログを見てくれているから」だ。*1


自分もそうだったが、毒親持ちで、似た境遇の人を探している人は多い。
そういう人の為にも、親と離れたあとどうなるか、モデルケースとして書いておきたい。

 


---

 

さて本題。

まずは、久しぶりなので、僕と親の確執についてか過去記事とともに紹介しよう。

 

①2014年、就職活動に関して親と揉める

 

②2015年、一人暮らしをはじめる

 

 

ここから先は、初めて書く内容だ。

③2016年春、仕事の関係で地元に戻る機会があった。
土日と繋がっていたので、規制も兼ねて実家に寝泊まりした。
休日に昼間からテレビか何かを見ていたのだが、母親は虫の居所が悪かったらしく、僕につっかかってきた。


「お前はたまに帰ってくるが、お前が私のことを大嫌いなことくらい分かっているし、老後の面倒も見ないくせに、そんな人間にホテル代わりにされて不愉快だ」


といったことを言われた。


最初は軽く流そうと思っていたのだが、あまりしつこく言われたので流せなくなり、とても辛い気持ちになった。


僕は耐えきれず、
「貴女は僕の事が嫌いなのか」
と聞いた。


すると母は、興奮した様子で、
「息子の態度によっては、親だからといって、どんな子でも愛せる訳ではない」
というようなことを言った。

 

僕はそれを聞いて、涙を流し、荷物を持って家を出た。
後ろでは母が「お前はどうしていつもそうなんだ」と怒鳴っていた。

 

それからはまた仕事生活に戻った。

 

数日後にメールが来ていて、
「お前が何を怒っていたのか全く分からない。今まで通り、いつでも帰って来てほしい」
と言われた。

 


④そのまま時は過ぎて2017年春、

親から「親族の誰それが結婚した」との連絡がきて、ほぼ1年ぶりに連絡をとった。
ここではお互い無難な話しかしなかった。

 

⑤そして2017年8月(今月)、15ヶ月ぶりに帰省した。


最初は無難な話しかしなかったが、祖父母と会ったあたりから堰を切ったように僕を悪く言いだした。


久しぶりに会った祖父母に対して
「この子は私のことが大嫌いだから、年に一回も帰ってこないのだ。この子はそういう子なんだ」
と語気を強めて話したり、
僕の転職先*2を褒めてくれた祖父母に対して、


「あまり褒めるな。この子は権威とか、世間体とか、そういうのばかり気にして就職先を決めたのだ。大学受験の時だってそうだった。そういう底意地の悪い子なんだ」
と言い、僕の方を向いて、


「私は、お前が本当はどんな子か、よく知っていますからね。お前が思っている以上に、よく知っていますからね」
と言った。

 

また、祖父母が居ない時に、
「お前は、祖父母に会いたくて来たというより、自分自身の満足度のためだけに、祖父母に顔を見せに来たのだろう。お前はそういう冷たい人間だ」
ということも言った。

 

あと、これは細かく書けないけれど、僕の友人についても、その出自について悪く言った。

 

僕はこうした言動に対して、とても耐え難い気持ちになったけれど、祖父母の手前で事を荒げたくも無かったので、
何も言わずにじっと堪え、そのまま予定通りの時間に帰路に着いた。

 

その後も気分は晴れず、陰惨な気持ちで仕事をし、今に至る。

 


---


それから数日間、気分は晴れなかった。何をしていても暗い気持ちが影をさす。


これはおそらく時間に解決してもらうしかないだろう。
大人しくしていようと思う。

 

今回分かったことは以下のとおり。


・時間が経っても親は変わらない。

・帰省するにしても、あまり長時間居ない方がいい

・やはり離れて暮らすべきだし、たまに会うにしても、言われた内容は早く忘れた方がいい。

 

 

以上。
今後どうするかについては、また今度考え、書こうと思う。

何にせよ、親と関わらず生きることは可能であり、場合によってはその方が随分楽に生きられる。

 

 

*1:毒親の定義や、僕の親が毒親なのかの議論はここではしない。この記事では、毒親という言葉は便宜上使っている、ということにしておいてほしい。

*2:転職先が決まったのだ。