kenpi20の灰色マインドマップ日記

かけだし作家志望(某メーカ研究職→事務職)による、現状把握・思考整理

【創作論】短編SF小説の新人賞の応募した(一ヶ月半ぶり)――書くこと自体が楽しい時期

 

タイトル通り。

前回の投稿から一ヶ月半で短編1つ出せた。
計画通りに出せたので、とても嬉しい。

 

内容は、そこそこ満足しているが、どうだろう?

個人的には面白いと思うが、「これってSFとして成り立っているのか?」などと時たま不安になった。

 

 

■新しい試行

・綿密なスケジューリング

今回は「一ヶ月半で書こう」と最初からスケジュールを立てて、

その通りに出来たのでとても良かった。

今回は作業時間を毎回計測していたのだが、構想から提出までで計38時間の作業だった。

 


・SFという試したことのないジャンル

いわゆるハードSFを書いたのだが、専門外の科学技術について下調べをしたり、新鮮な体験となった。

僕は学生時代、工学を専攻していたのだが、SF小説は論文と違い、

検証していないことも好き勝手に書けるので、何だか悪いことをしているようで面白かった。

 

 

■成功した試行

・忙しい平日も30分は作業する(前回に引き続き)

 

・何時間も連続で作業しない(前回に引き続き)

 ※最近「ポモドーロテクニック」(25分作業して5分休むメソッド)というものを知った。
 これも試してみたが、とても良かった。多用していこう。

 

・小説のことだけ考えない(前回に引き続き)

 

・今回は「慣れてる一人称で書こう」と思っていたのだが、
 プロットを考えているうちに、やりたい構成が変わって三人称で書いた。
 心配とは裏腹に気持ちよく掛けた。人称ではなく内容が重要なのかも?

 

 

■反省点

・締切の1~2週間前に、内容に自信が持てずあまり気持ちが入らない時期があった。

 その影響で、最後の週末は時間が足りず、かなり焦ることになった。

 もっと推敲がしたかった。

 

 →次回は、気持ちが盛り下がった時は、小説から離れず、むしろ向き合おう。
  そして推敲する時間をもっと持とう。

 


■雑感

色々書いたが、書いていて楽しかったし、中々良いものが書けたんじゃないかと思う。

小説を書くのは面白い。

短期的にも「頭に浮かんだものを文字に落とす行為自体が楽しい」し、

長期的にも「何か積み上げている感覚が楽しい」ように思える。

 

こんな風に思うのは今だけかもしれないが、今はそれで万々歳だ。

 

 

長編小説の一次選考通過した。/ 2019年の小説投稿結果まとめ

 

タイトル通り。

 

新人賞に出した長編小説が、一次選考通過した。

 

これは本当に自信のない作品だったので、嬉しいというより驚いた。

何しろ、締め切り時間の数分前まで書いていて、 

まともに推敲すら出来ずに提出した代物なのだ。 

「こんなものを人に読ませてしまった」と酷く落ち込みさえした。

 


そんな作品を多少なりとも評価して下さったことは、本当に感謝しかない。 

二次先行の結果発表はまだだが、まあ、期待せずに待っていよう。

 


—-

 


そんな訳で、2019年投新人賞に稿した小説の結果は以下のようになった。

 


・某短編賞  →  一次選考通過(二次落ち)

・某短編賞  →  一次選考通過(二次落ち)

・某長編賞  →  一次選考通過(二次の結果待ち)

・某短編賞  →  結果待ち

 


 まともに賞に出したのは今年が初めてだったので

「どれか一つでも一次選考残ればいいな」くらいに思っていたのだが、 

蓋を開けてみれば3作とも一次通過という事で、大変驚いている。

 


  ※業界のことが分かっていないので、一次通過がどれ程の事なのか正直分からないのだが、僕にとっては万万歳だという意味

 

 

 

とはいえ、ここで気を抜くと、一次も通らない状況になるのだろう。人生とはそういうものだ。よく分かっている。

 

 

 

—-

 


そんな訳で、2020年の目標は「書き続けること」「二次選考通過」だ。

 


今はまた別ジャンルの短編を書いていて、1月中に投稿予定。これについての苦労や考えもあるのだが、それはまた今度書こう。

 


—-

 

 

 唐突に別の話だが、たまたまテレビで『こじらせナイト』という番組を観た。

 斜に構えた芸能人たちのトーク番組で、例えば「芸能人の結婚ラッシュに腹が立った」「今年の漢字は毎年面白くない」とか、そういうネガティブで皮肉めいた笑いの番組だ。

 

 こうした空気は、まさに(僕の好きな)深夜ラジオの空気感と同じなのだが、これを大っぴらにテレビでやっていることに驚いた。

 


 僕は元々、こういうこじらせた感性が好きなんだけど、最近書いている小説にはそういう毒が少ないな、と思った。

 気付かぬ間に、置きにいってるというか、人の顔色を伺っていたのだろうか?

 だが僕の思う「毒」なんておそらく大した物ではないし、世の中には色んな人が居るのだから、素直に僕が好きな程度に毒を入れてもいいのかもな、と思った。

 

 どうだろう? 分からない。ひとまず、小説の執筆は、まだ続けてみようと思う。

 

 

---

 

 

最近、奥様(あえて敬称)以外の人間とあまり話していない。

会社の人とも仲良くしようとしていないし、プライベートと友達ともあまり接していない。

だが、奥様とは会話するので孤独や苦しさは無い。

 

この状況が最適解のような気もするし、何となく「もっと多くの人と触れ合った方が良いのかも」とも思う。

もしももっと触れ合いたくなったら、何かしら活動してみよう。

 

 

 

【創作論】短編小説の新人賞に応募した(三ヶ月ぶり) ーー執筆を人生の全てだと考えない


タイトル通り。三ヶ月ぶりの応募。

 


今回は時間にゆとりを持ったこともあり、

寝不足になることもなく、手直しも十分にできた。

内容もそれなりに満足できる出来になった。

 


こんなに気持ちよく完成させられたのは、今回が初めて。

 


これで今年は長編1つ、短編3つ投稿したことになる。

今回、細かく作業時間を記録したことで、各工程にかかる時間の予想が立てられるようになった。

これが一番の収穫だと思う。

 


■成功した試行

・睡眠時間や、妻と過ごす時間を優先する。執筆を(人生の)唯一の目標にしない。

・忙しい平日も30分は作業する。

・あまり長時間連続で書かない(30~60分)。喫茶店等にも長居しない。

・プロットを初期に固めすぎない。下書き時に臨機応変に。

・ミステリ的要素を少しでも入れる(書いてて楽しい)

・一人称(慣れた人称)で書く

 

 

■反省点

・「どの賞に出すか」を考えるのに時間かかった(怠惰)

・設定を思いつくまでに時間かかった

 → というか小説から離れていた時期があった。習慣としてで1日30分でも時間作る

 

 

■次に試したい試行

・全体的にスケジューリングする。

 →賞を早めに定め、設定を二週間で練る(短編なら)。

  三週間で「下書き」、一週間で更正できるはず。

 

・新しい分野を書いてみる

 

 

■心構えについて

 今まで「タイトな締切を設定してみよう」等と自分を追い詰める方向で考えていたが、

 その結果、「小説を書くことにどれ程の価値が?」などと考え込んでしまった。


 色々考えたのだが、小説を書くことは、確かに、僕自身にとって価値があると思う。

 (何かに進んでいる感じがして精神が落ち着く)

 ただし、人生の他の要素(睡眠時間や家族との時間、娯楽の時間)も必要だ。

 


 つまり、僕にとって小説は「人生の全てではない」という風に考えている。

 そもそも、何か一つを人生の全てだと思うこと自体、誤りなのかもしれない。

 

 


 今の状態なら、これからも小説を書けそうだ。

 次の作品も書き始められている。ひとまず、さくさくと数をこなしていこう。

【生き方】何事にもやる気が出ない問題について。

 


愚痴。

 


頑張って投稿小説を書き続けよう、と思っているのだが、

以下のような思考(疑念)が渦巻いていて、苦しい。

 


・小説を書く行為って辛い。何故書いている?


・小説を書き続けても、小説家になれたとしても、幸福にはなれないのでは?


・どうすれば幸福になれるのか? 


・人生に目標を掲げる事自体が間違いなのか? 

 一過性の娯楽に身を任せればいいのか?

 かといってゲームなどをしていても不毛に感じる。


・それとも仕事に精を出すか?

 とはいえ今の仕事は単調で、意味を見出せない。


・そもそも、生きる事に意味を見出せない。

  小説どころか、何か目標を持つ事自体が無意味に思える。


・しかし、何もせず仕事して寝ての生活を続けるのは焦燥感に苛まれる(周囲を気にしすぎ?)


・僕が無知なのがいけないのか? ジャンル定めずに勉強でもするか?


・疲れているのか? しかし土日休みで沢山寝る生活をしている。

 

 

これら全てに答えは出ていない。

 

今、僕が自信を持って実践していることは、「睡眠時間をきちんと確保する」ことくらいだ。

 

一体いつになったら強い人間になれるのか……。

うんざりだ。

 

 

【創作論】 短編新人賞の一次選考を通過した(2回目) /  長編新人賞に応募した


タイトル通り。


まず、6月末に応募した短編が一次選考を通過した。


前回の一次選考通過作(ミステリ短編)とは違い、

ノンジャンル小説の賞。

今回も倍率二十倍を残ったことになる。残念ながら二次選考には残れなかったようだ。

 

 

今回の投稿作は、6月の記事で書いた通り、あまり自信のないものだった。

というのも、完成したのが締め切り前日であり、推敲や誤字脱字の時間が満足に取れなかったからだ。


「どうせ一次選考を通過しないだろう」と不貞腐れてすらいた。

なので今回の一時通過は、喜びというよりは驚きのほうが大きい。


(冷静になって見返してみると、話はきちんと成り立っているし、それほど悪いようにも思えないが)


とにかく、受賞歴をひとつ積み上げられたということで、前向きに捉えようと思う。

 

---

 

さて、それとは別に、長編小説をひとつ完成させ、別の新人賞に応募した。


今回の目標は「二カ月で長編をゼロから書いてみる」というもの。

僕としては無謀とも言える強行スケジュールだったが、完成させることは出来た。

ひとまず「可能」であるらしい。


だが、やはり圧倒的に時間が足りず、〆切当日まで書いている惨事となった。

推敲すらほぼ出来ず、ただ提出しただけだ。

(前回に引き続き、)こんな状態で下読みの方に読んで頂くのが、本当に心苦しい。


また、プロットを練る時間を足りなすぎた。

「こういう話を書きたい」という感情をもって書き始めたのだが、

話のテンポがちぐはぐで、何がメインのシーンなのかよく分からない話になってしまったと思う。

 


正直言って、今回の出来にはかなり落ち込んだ。

今回学んだ一番の収穫は「完成させればいいという訳ではない」ということかもしれない。

 

 

他にも以下のことに挑戦した

・おじさんと青年を主人公にする

・非ミステリにする

・三人称で書く


恥ずかしいので詳細については書かないが、とにかく挑戦してみた事自体は有用だったと思う。

 

 

次回試したいことは以下。

・プロットに時間を割く

・「2ヶ月で長編1つ書き上げる」は、もう一度くらい試してみてもいいかも。

・自分が好きなタイプのキャラクターを登場させる

・ガチガチの本格推理小説を書いてみる。

 

 

今回は、睡眠時間、作業場所確保は上手く出来ていたと思う。

そこは活かしつつ、次はもっと納得のいく長編を目指そう。

【創作論】新人賞に応募したーー締切直前で出した事の反省

 

また小説の短編新人賞に投稿した。

 

執筆に際して、いくつか新しい事を試したのだが、それがあまり上手くいかなかったので、反省している……という話。

 


新しく試したこと。

・近い〆切を設定して自分を追い込んだ。(15日で80枚の短編ひとつ)

・未経験の設定に挑戦した(善良な主人公、日常の謎

 


結果。

・書き上げて投稿することは出来た。

・推敲の時間が十分に取れず、誤字があるまま投稿してしまった。

・出来は(自己評価で)普段より少し悪い。

・過去最高の執筆ペースで進められ、充実した時間は過ごせた。

・寝不足がたたり、体調を軽く壊した。

 


今回の試行は、あまり上手くいかなかったと思っている。

特に誤字脱字を直しきれなかったのが辛い。

未完成のものを下読みの方に読ませてしまい、本当に申し訳ない。

 


とはいえ、自分の限界執筆ペースが見えたのは良かった。誤字や出来についても、反省点を得られただけでも良しとしよう。

 


次回は、〆切はタイトに設定しつつも、誤字脱字チェックや全体の構成チェックのために、せめて2〜3日は残すように注意しよう。

 


次は、8月末までに長編を投稿する。 

 


進捗は現段階でゼロ(構想もない)。

スケジュールはかなり厳しいが、あまり時間のかからない題材を選べば無理ではないと思う。

 


次に試すことはこちら。

・タイトなスケジュールで長編を書いてみる。

・未経験のジャンルに挑戦する。

・誤字チェックの時間を設け、体調にも気を遣う。

 

 

とにかくまだ経験が浅く、何が出来るのかすらよく分かっていないので、色々と試してみようと思う。

 

 

 

【創作論】推理小説の新人賞で一次通過した。

 

タイトルの通りだが、報告。 


ちょっと前に出した新人賞が一次選考を通過した。 

※二次選考は、正式発表はまだだが、どうやら駄目だったようだ。

 


小説の賞で実績が残るのは初めてなので、とても嬉しい。

 


新人賞に投稿する際には、過去の投稿歴(他の賞も含)を書く規定になっているので、

今回一次通過した事実が、次回以降の評価にも繋がっていく(と思う)。

受賞には至らなかったけれど、今回の一件には大きな意味があると思いたい。

 

それに、僕が一人で孤独にやっていた創作活動が、ちゃんと他者に届いていた事実が嬉しい。

何だか「方向性は間違ってないよ」と言って頂けた気分だ。


次回作もちゃんと書き上げよう、と前向きな気持ちになれた。これが一番嬉しかった。

 

 

—-

 


さて、僕は趣味で小説を書いているけれど、

数ヶ月前から、「受賞すること」を第一目標としてはいない(生意気な事を言っている自覚はある)。


「書きたい事を書いて、楽しい気持ちになること」を第一義にしようと思っているのだ。


何故かと言うと、以前には「こういう作品が受けるんじゃないかな」と対策をして小説を書いた事もあったが、あまり楽しくなかったからだ。

そして、仮に書きたくない物を苦しんで書いて受賞(評価+デビュー)したら、その後もあまり楽しくないと思ったからだ。


もし「評価」や「仕事(お金)」のために嫌々作業するのであれば、それは今まで僕がやってきたような他の仕事と同じだ。

※それに、評価やお金が欲しいだけなら、小説創作という手段はあまり効率が良くないとも思う。

 

他の人はどうか分からないけれど、少なくとも僕は、楽しい気持ちになるために小説を書いている。*1


だから、まず「小説を楽しむこと」を第一義にして、評価は副次的な物として捉えようと思っている(本当に偉そうな事を言っている自覚はある)。 

なので、今後ものほほんと、書きたいように書こうと思う。

 

—-

 


とはいえ一次通過は嬉しい。 

 


繰り返しになるが、次作を書き進めるモチベーションが生まれたのが本当に嬉しい。

 

最近、小説を書くのも、小説を読んだり映画を観るのも、美術館なんかに遊び行くのも、どれも楽しく感じている。

とても良い傾向だ。このままずっと行ければ良いと思う。人生はそれほど甘くないかもしれないが。

 

 

 

*1:こう言えるのは、今既に僕が職に就いている(生活が安定している)からかもしれないが。