kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 結婚は人生や人格の保証にはならない

2か月空いたのでブログを書こうと思う。


入籍した。

前回まで、親との確執の話をさんざん書いたが、もう連絡を絶ったので、そちらでは何の進展もない。
連絡を絶ったまま入籍し、名前を変え、仕事も変え、住居も変えている。


とにかく忙しい。
ライフラインの契約や、住居の契約、荷物の運び出しなどで毎日てんてこ舞いだ。
嬉しいとか、寂しいとか、そういうことを考える暇すらない。
毎日ひたすら作業をしている。  

 

 

・この人と結婚して大丈夫か?

 

考え込むタイプの性格なので、そう思うことも既にある。


例えば、諸々の契約に関する考え方などがかなり違うので、「本当に大丈夫か? 大きな問題に発展しないか?」と思ったりもする。


だが、今(今日この瞬間)の気持ちとしては、「まあ、大丈夫なんじゃないかな」 という所にある。

100パーセント不満がない関係なんてありえないし、気が合う点もたくさんある。それほど悪い関係ではないだろう、と思っている。

 

とはいえ、上手くいくという確証はないし根拠もない。事実、国内に限っても離婚率は高いらしいし、どうなるかは分からない。 

今後どうなるか分からないという点では、結婚前と何も変わっていない。

 

僕は運命論者ではないし、彼女も同じだ。
もし僕が存在しなかったら、彼女は別の人と結婚していただろう。
つまり僕は、彼女にとって「代替の効かない、唯一無二の個人」ではないと思っている。
結婚とはそういうものではないと思っている。

 

とはいえ、彼女も「まぁこの人でも大丈夫かな」くらいには思った筈だ(でなければ結婚しない)。
せめてその期待には応えなければならない。

 

 

何にせよ、今回のことについて、僕は誰かに何か偉そうなことを言う権利は無い。