kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【思考整理】 僕の憂鬱の根源は、どうやら「人に好かれていないこと」らしい

 

タブレットPCを買ったので、喫茶店から更新テスト。

 

会社にあてがわれた狭いアパートではなく、出先で文章を書きたくなったからだ。


たぶん僕は外のほうが捗るタイプだと思う。

 

あと、死ぬほど落ち込む現象も、外にいれば軽減できる気がする。
どうだろう? とりあえず試してみようと思う。

 

 

---

 

以下、書いていた内容を全部消して、二稿目。

 

生意気にもライフハック的なことを書こうとしていたのだが、馬鹿らしくなって、やめた。

偉そうに人を啓蒙する余裕なんて僕にはない。

だから、とても個人的なことを書く。かなり恥ずかしいことを書いたが、まあ、匿名だから、よしとする。

 

僕は公務員試験の勉強をしようと思っていた(すべき)なのだが、
専門外の勉強があまりにも出来なくて、恐ろしくなっている。

 

自分が嫌になる。結局は努力するのが嫌なのだろう。

 

しかしこのまま試験勉強をしない未来を考えると、これまた恐ろしい。

今の仕事を続けるとして、それはそれで、泣きながら、生きながらえてしまう自分が見える。

 

怠惰だ。そんなことをしても、何もいいことなどないはずなのに。

 

言い訳はいくらでも用意できる。

「激務やうつ状態のせいで、正しい認知ができなくなっている。」

「今はとりあえず休暇をとるべきだ」

そんな、耳障りだけはよく無責任な言い訳は、そこらに転がっている。

 

しかし僕は、僕の人生を生きなければならない。

 

どんなに不利でも、僕は今この瞬間までの全てを背負い、今日、明日、明後日と生き続けなければならない。

 

 

---

 

一方で、慢性的な無力感というか、「結局、何をしても無駄なんじゃないか」という気持ちが消えない。

 

僕は『負け組』側の人間だ。

経歴とかそういうモノで負け組なわけではなく、見た目とか、性格とか、そういう部分で負け組なのだ。

 

こういうものって、変われるのだろうか。仮に僕がハーバードの主席だろうと、変わらないのではないかと思う。


僕は物語において、「無力」とか「万能」とかいったテーマが好きだ。

才能の前にすべてが無力化される『アマデウス』だとか、暴力が場の全てを支配する『ファニー・ゲーム』みたいな映画が好きだ。

なぜこういう話が好きなのか、自己分析すると、おそらく「僕の現状は努力で何ともならない」と思いたいからなのだと思う。

 

僕はおそらく、ただ努力がしたくないだけなのだ。

努力しない言い訳として、「僕の現状は努力で何ともならない」と思いたい。

そのために、万能な存在が登場する物語を好むのだ。

 


では、この現実世界において、僕の現状は努力で何ともならないのか?

 

正直なところ、それは全く分からない。

あとほんの少し努力すれば、僕は心の底から幸せになれるのかもしれない。

もしくは、一生努力しても何も変わらないのかもしれない。ゴミのような人生のままかもしれない。

 

ただひとつ言えることは、「どちらにしろ、頑張るしかない」ということだ。

 

結局、僕にできることはそれしかない。

可能性が何パーセントだろうが(0パーセントだろうが)、何が自分にとって幸福なのかをよく考え、実行するしかない。

 


そこまで分かっているのに、なぜ行動を起こさないのか。

怠惰だからだ。

それ以外に理由はない。もう誰のせいにも出来ない。

僕は怠惰だというその一点において、人間として劣っているのだ。

 


---

 

今もこうしてブログを書きながら、

「どうにかして、楽に幸せになれないか」

と考えている。

 

しかし、「楽に幸せになる」のは、僕にはおそらく無理だ。

楽して幸せになれるのは、家庭環境に恵まれた人とか、自分に合った仕事に出会えた人とか、何かの才能を持っているとか、そういう人だ。

 

そんな人達は僕とは関係ない。

僕は僕の人生において、幸福にならなければならない。

 


「幸福にならなければならない」という義務感が、重い病のように僕にのしかかってくる。

 

僕は現状を幸福だと思い込めるほど器用ではない。

日々、誰かに殺される妄想ばかりを延々と繰り返す。

 


---

 

楽して幸せになれる唯一の方法が、恋愛だと思う。

 

資格を取るには資格の勉強が必要だし、職歴を付けるのにも、スポーツができるようになるのにも、忍耐が必要だ。

しかし恋愛は違う。何の努力もなく、ふと、人に好かれる可能性がある。人々が恋愛を追い求める理由はここだろう。

 

僕も人に好かれたい。

もう一人で生きるのは嫌だ。

僕の人生を、他の誰かにも重要視してほしい。

 

僕の親は、僕の人生なんてどうでもよかったらしい。

最近は仕事を頑張っているので、上司たちは僕を可愛がってくれているのだけど、
でもあの人達にとって最も大事なのは、言うまでもなく家族だ。

 


僕は何のために生きているのだろうか?

 

誰かに「君が生きていてくれて良かった」と思ってほしい。
そう思ってもらえるのなら、もう少し頑張れるかもしれない。

 

---


書いているうちに整理されてきた。

 

「僕にとっての幸福とは、人に好かれることらしい」
「努力したところで幸福になれるとは限らない」

 

ということで、やる気がでないらしい。

 


どうやったら人に好かれるのだろうか?

そう考えるとやはり、まず人と出会う数を増やすしかない。


ああそうだ、だから、やはり、僕は早く東京に戻らなければならない。

転勤族なんてやっている場合ではない。

こんな所で二の足を踏んでいる場合ではない。

 


書いているうちに勉強する気になってきた。

おそらく「ソウ状態」だ。

勉強してきます。