読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 「そこそこ我慢できる内容」かつ「そこそこ我慢できる待遇」の仕事を探せ

 

今日は単なる日記です。

 

 

 

本当は書くべきことがたくさんあるのだが、
最近あまりにも仕事が忙しいので書けていない。

 

書くべきこととは、まず、親との関係が劇的に変化したこと。
このブログは「毒親」なんかの検索ワードで来てくれる人も多く、
定期的に見てくれている人もいるので、何とか書かなければならないと思う。

 

それでも書けないのは、尋常じゃなく仕事が忙しいからだ。
5月から参加している案件があまりにも重すぎる。

残業時間100時間は超えていて、睡眠時間が取れないレベルだ。
今日は休みだったけれど、明日は仕事。

 

で、考えるところもあって、本気で転職活動を始めた(これもちゃんと書きたい!)

 


そんな状況で、でも今日も時間がなかったのだが、
何かを吐き出さなきゃ居られない状況だったので、こうして単なる日記を書いている。

 


---

 

転職について色々と調べていて分かったのだけど、
仕事の選び方は、ざっくり2種類に分けられる。


①仕事内容で選ぶ(好きなこと・向いていることを仕事にする)
②待遇で選ぶ(給与、残業時間、勤務地、社会的地位など)


僕は就職時、①をあまりにも蔑ろにした。やりたくないことを我慢してやろうと決めていた。

現状、①も②も満たしていない。体力がもたない。


で、①と②のどちらが重要なのかをじっくり考えたのだけど、
結論としては、「①と②の兼ね合いが大事」なのだと気付いた

 

①②を兼ね備える仕事があるならそれでいい。
しかしそうでない人は、「そこそこ耐えられる仕事」(①)かつ「そこそこ耐えられる境遇」(②)を模索すべきだ。

 

①か②のどちらかを捨ててどちらかに特化する考えは間違えだ。身体か精神がもたない。

 

次の休みにはもっと具体的に考えていこう。次の休みがいつか分からないが。

 

そういうわけで、とりあえず僕は生きている。という報告。

別に何もうまくいっていないのだけど、とにかく生きる意思だけはある。生き延びてやろうと思っている。今日のところは。