kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【漫画感想その2】 『ピンポン』(松本大洋) ――人生にはヒーローと努力が必要だ。

 

 

ピンポン(1) (ビッグコミックス)

ピンポン(1) (ビッグコミックス)

 

 

【公開年】1996-1997年(全5巻)
【初読時】2015年
【レビュー執筆時】2015年 

 


■あらすじ

舞台は高校卓球界。

天真爛漫で自惚れ屋の少年・ペコは、インターハイ予選にて惨敗。

一方、冷静沈着な幼なじみ・スマイルは、その秘めたる才能を見出され注目されていく。

現状を直視できず鬱屈していくペコ。着実に成長しつつペコの復活を待つスマイル。人一倍努力家だが才能に恵まれないアクマ。絶対王者にして常勝の孤独を味わうドラゴン。

彼らは1年後のインターハイ予選で再会する。

 


■感想

 

とても面白かった。

長所を挙げたらキリがないが、一番の魅力は漫画的な画にある。

緊張感のある試合風景、『間』を意識したコマ割りによる心理描写、心情と表情にコマを割くセンス。

読み進めるスピードの操作が上手いのだろう。

『読んでいて面白い』漫画だ。ワクワクしながら最後まで読んでしまった。

 


---

 

また、言うまでもないことだが、ストーリーも良い。

『才能』というテーマが僕は好きだし、『ヒーロー』も好きだ。

 

この漫画の特徴として、主人公に負けた選手が、皆晴れやかな顔で去っていくという点がある。

彼らは試合を通して優劣を知る。彼らは一様に最大限の努力をしてきたから、それは単純に才能の優劣だ。

そのことをお互いに分かっている。だから笑える。全力で努力をした結果、自分がどこまで行けたのか。そして自分の上にはどんな選手が居るのか。

彼らは負けることで『ヒーロー』を得る。

 

人生にはヒーローが必要だ。

外部にヒーローが居るのでもいいし、「オレがヒーローだ」と思うのでもいい。

何かに純粋に憧れる、という事が、人間には必要である。

そしてそのためには、まず自分が努力を重ねなければならない。

 


---


僕が一番好きなキャラクターはアクマだ。

作中で一番の努力家だが、才能に恵まれないアクマ。

中盤、スマイルに敗北したアクマは叫ぶ。

 

「どうしてお前なんだよっ!? 一体どうしてっ!!
俺は努力したよっ!! お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!
風間さんに認められるために!! ペコに勝つために!!
それこそ、朝から晩まで卓球の事だけを考えて……
卓球に全てを捧げてきたよ、なのにっ…………」

 

この絶叫が何故生まれたか。

努力がいつか勝利に繋がると信じていたからだ。それが自分わ救ってくれると信じていたからだ。

しかし違う。努力は必ずしも勝利に繋がらない。

そして勝利が人を救う訳でもない。

 

勝利を追い求めることこそが人を救うのだ。言い換えると、努力を重ねること自体が自分を救う。

アクマは敗北して卓球から離れることで、それに気付く。

だからペコに復帰を薦めた。

「勝て」とは言わない。「努力しろ」と言う。

勝敗に関わらず、努力をすることが人を救うと、誰よりも深く知っているからだ。

 


この漫画で成長したのはペコだけじゃない。スマイルも、アクマも、チャイナも、ドラゴンも成長した。だから笑顔になった。

 

人生にはヒーローと努力が必要だ。

そういう力強いメッセージに溢れた、良い漫画だった。