読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 物書きの特権


昨日の夜、「明日はバイトがあるから早く寝よう」と思っていたのだが、

ベッドの中で自分の書いている小説について考えていたら、

描きたい気持ちがむくむくと湧いてきたので、起きて何時間か書いた。

 

楽しかった。

これは小説の出来とは全く関係のないのだが、久しぶりに根源的で健康的な幸福を感じ

られたと思う。

 

昔、有栖川有栖

推理小説の続きが気になって徹夜する際の幸福は、ミステリマニアの特権だ」

と語っていた。

これは本当にその通りだと思う。

マニアになることの最大にして唯一のメリットが「徹夜する幸福」だ。


「小説を書く」ことそのものの面白さはもこれに近い。

物を書く(ことが好きな)人の特権だ。

この特権を見逃す手はない。