読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

登録制バイトの環境が悪すぎて気分が悪くなった話


今日から登録制の短期バイト(コールセンター)に行き始めたのだけど、その環境がかなり悪くて、物凄く悲しくなった話。


朝はまず、説明もなく席に座らされ、資料(フローチャート等)を渡され、「勉強して」と言われた。

「これを読んでいればいいのだろうか?」と思いながら読んでいると、隣に座ってきたおじさんが、
「俺が電話応対の流れを説明するよ」
と話しかけてきた。

その人は無精髭で、明らかに社員ではないのだが、説明役のバイトか何かかな、と思って話を聞いていた。

おじさんが自分語りを始めて、何かおかしいなと思い始めたところで、おじさんは社員に呼ばれ何処かに行ってしまった。

訳が分からず僕は自習を再開(この時点で3時間ほど経っている)。

30分程して、おじさんは照れたように笑いながら帰ってきた。

話を聞くと、どうやらおじさんはテストを受けに行ったらしく、「いじわる問題を出されて受からなかった」とのこと。

ここで初めて分かるのだが、僕やおじさんが座っている場所は研修(自習)の人が座る席で、数日に一回のテストに合格することでここから抜け出せる、との事だった。
おじさんは二週間以上ここに留まっている派遣バイト(つまり僕と同じ立場)らしい。

おじさんはしきりに僕に話しかけてきて、僕は社員に怒られるのではないかとビクビクしていたが、周りを見ると熱心に作業している者などほとんどおらず、社員も雑談していた。

結局、1日通して僕がテストに呼ばれることはなく、9時間ずっと朝に配られた資料を読んで過ごした。

昼休みなどにバイト仲間と会話することもあったが、なんだかとても落ち込むような話を聞かされるばかりであった。*1


そういう訳で僕は、胃がもたれるような不快感を抱えたまま帰路に着いている。

世間には本当に色んな人が居るし色んな場所がある。
疲れたので主観的な感想は控えるが、なんだか今日もう、へろへろである。



*1:長くなるのでこれについては別の日に