kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 今バイトを辞めた場合の「最悪のケース」

 

久しぶりに純粋な意味での日記。


相変わらずバイトをやめたい。

今やっている飲食店のバイトをやめたい、という話は何回もしてきたのだが、最近はそれに輪をかけてやめたい。

とりあえず12月1月は修論で忙しいのでどちらにしろそんなには入れないのだが、
その後も別のバイトをしたい。それくらい今のバイトを辞めたい。

 

 

バイトを辞めたとして、どうなるのか?

最悪のケースを想定してみよう。

 

仮にバイトをやめるとして、とりあえず日々の生活には困らない。

卒業前に、親に「家を出てけ」と言われても、大変ではあるが休学はしなくてすむ。

4月の就職後も、もし社宅が借りられるのであれば、今の貯金だけでも特に問題はない。
(僕が社宅を借りられる条件に入っているかどうか、微妙なラインなのだ)

 

問題なのは、4月の就職後に、社宅を借りられない場合だ。

その場合、4月の時点で一人暮らしをする資金が足りないかもしれない。

なので、数ヶ月間家から通って貯金して、一人暮らしを先延ばしにするしかない。

 

これが、今想定できる「最悪のケース」だ。

最悪でもこの程度、という言い方もできる。

 


言ってしまえば、「今、つらいバイトをする」か、「実家ぐらしがnヶ月延びる」*1かの二択だ。
※今から新しいバイトを探すのは時期的に厳しい。

 

楽な道がないのはいつものこととして、さて、どちらの方が楽だろうか?

ゆるゆると考えていこう。

 


少なくとも、親の気分一つで退学になり得た時期よりは幸福と言えるかもしれない。

他人と比べてどうかは知らないが。

 

 

*1:可能性がある