kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【創作談義】 全てのアマチュア作家は孤独である


最近、趣味の小説を毎日書けている。

 

実を言うと、最近までは「書いたり書かなかったり」だったが、ここ一週間ほどは毎日書けている。

 

このブログを書く前に、少しだけ筆を入れることにしたのだ。

このブログ自体はちゃんと日課になっているから、小説もそれとセットにすることで習慣化していけたらいい。

 

 

---


趣味で小説を書いていて常に思うのが、

「これは本当に面白いのか?」

ということだ。

 

一人で書いている場合、客観的な面白さなど分かるはずがない。

そして、主観的な面白さも、対象があまりに近すぎるため自分では分からなくなってくる。

 

では友人や趣味仲間に聞いてみてはどうか?

彼らの意見にはもちろん価値があるが、それが客観的な面白さとイコールという訳ではない。

何故なら、彼らは「友人」だからだ。

つまり、あなたに気を使うことも多くある。

そういう意味で、彼らの意見だけを鵜呑みにはできない。

 


では、誰の意見が最も参考になるのだろうか?


僕は、「編集者」の意見ではないかと思う。

何故なら、プロ作家に付いている編集者は会社の人間だから、売上を出すために必死だ。

たとえ彼の見る目が信用できないとしても、立場上、彼が「売上を伸ばしたい」と考えていることだけは信用できる。

 

要するに、作者と利害が一致している人間の意見だけが、信じられるのだ。

 


---


そういう意味で、アマチュア作家(というか創作活動する人)は孤独だなあと思う。

 

もっと広く言えば、企業ではなく個人で何かをするということ自体が、等しく孤独な行為なのかもしれない。