kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 僕らは、あの「大津市」に行くことができる。


今年の夏、観光で滋賀県に行った。
これは、僕にとっては凄いことだった。

 

僕は出不精で、旅行にもあまり行かないので、東京から出ることがほとんどない。

関西地方だって、初めて行ったのは2年ほど前のことだ。

 

そんな僕が、観光地としてメジャーでもない滋賀県に行くのは、かなり大それた行為だった。


一番印象に残っているのは、滋賀の在来線に乗っていて、「大津市」を通過した時のことだ。

というのも、僕にとって「大津市」は、地図帳の中の単語だったからだ。

大津市」が実在して、そこに自分が訪れているというのは、何だか奇妙な感覚だった。

 

※もしかしたら物凄く失礼なことを言っているかもしれないが……言うまでもなく、僕が無知でアホな人間だ、という話だ。

 


それを経て、何となく気づいたこととして、

行こうと思えば何処にでも行けるのだ、ということがある。


僕は何となく、色々なものを「僕とは関係のない世界だ」と思い込む癖がある。

例えば大津市がそうだし、海外の観光地も別世界のものだと思っているし、もしくは登山やマラソンといったイベントも、全く関係ない世界のものだと思っている。


だが、僕はもう成人だから、行こうと思えば何処にでも行けるのだ。

大津市に行ってもいいし、ガラパゴス諸島に行ってもいいし、登山をしても、マラソン大会に出てもいい。*1

 

おそらく、人生の自由度は限りなく高いのだろう。
大津市」と書かれた看板を見て、そんなことに気付かされた。

 

もしかしたら、本気を出せば、僕は三重県の「津市」にすら行けるのかもしれない。

 

 

 

*1:やりたいかは別として