kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 この世には楽しい領域がたくさんある。たどり着けるかは別として。

 

世界には楽しい物がたくさんあると思う。

 

推理小説は面白いし、最近は哲学の勉強をしたいと想っている。研究(の論理付け)も楽しいし、映画も、落語も楽しい。演劇も面白そうだ。他にも試した見たいことはたくさんあって、今は全く知らない楽しいこともたくさんあるだろう、と思う。*1

 

問題はそこに辿り着けるかだ。これらを享受するためには当然、それに見合ったお金と時間が必要だ。

しかし我々には生活がある。

その「生活」の難易度は、個人の環境によって千差万別だけれど、あまりに環境が悪い場合には、その「面白いもの」に辿りつけない可能性がある。

辿りつけても、「生活」のための苦痛が多すぎて、割に合わないかもしれない。

 

今日はとりあえず、僕が「世界のすべて」の絶望している訳ではないことを書いた。

しかし、「楽しい領域がある(らしい)」というだけでは、生きるに値するほどの希望にはなり得ないし、「生活」というのはやはり軽いようで重い問題だ。

 

少なくとも、夢見る生活がある、という事実だけでも有り難がっていこうと思う

 

 

*1:僕の主観においては。