kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 人生を1日(の起きている時間)に例えたら


68日前の日記で、「人生を24時間に例えたら」という話をした。

それによると、24歳の僕はまだ朝7時だから、今後のことは分からない。

そんなポジティブな話だった。


しかし、この「人生を24時間に例えたら」という話は、よく考えるとあまり上手い例えではないと思う。


何故なら、人は24時間起きている訳ではないからである。

つまり、もしも人生を1日に例えるのであれば、「起きている時間」だけを考えるのが正しいのではないか。

 

 

「人生を1日(の起きている時間)に例えたら」を考えてみよう。

 

大雑把な計算として、7時起き23時寝の日を考える。
80歳まで生きるとしたら、1時間あたり5年という計算になる。

 

20歳の人は、昼の11時に居るのだ。
25歳の人は、昼の12時。
30歳の人は、昼の1時。


どうだろう。
まだポジティブでいられるだろうか?

 


「人生は最後の瞬間まで分からない」というのも、確かに事実だ。

80歳になってから、23時を過ぎてから素晴らしい事柄に出会うかもしれない。

 

だが、事実として、今も時間は着実に進行している。

そして僕が過ごしてきた「起床からの数時間」も、確かに僕の人生の本番なのだ。

 


何のために生まれて何をして喜ぶのかは全く分からないままだ。

だが、死だけは刻一刻と近づいている。

 

 

 

※関連記事

【日記】 人生を24時間に例えたら - けんぴの灰色マインドマップ日記