kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 生き方が間違っているから苦しいのかもしれない

 

たまに不安になる。

 

もしかして、母は善良な人間で、自分はただ自分勝手に騒いでいる極悪人なのかもしれない。

自分が書いている小説なんてこれっぽっちも面白くなくて、執筆なんて無意味な行為なのかもしれない。

仕事をして金を稼いでも、良いことなんて一つもないのかもしれない。

「正しい行い」が何処かにあって、それをしていない僕は罰せられるべきなのかもしれない。

 

僕は信じることしか出来ないが、信じるとはつまり、証明は出来ないということだ。

何の保証もないということだ。

 

もしかして、僕の考えは全て間違っていて、刻一刻と間違った道を進んでいるのかもしれない。

 

皆は「正しい行い」を知っていて、それを為しているのに、僕だけ馬鹿で無知だから何も出来ないでいるのかもしれない。

間違っているから苦しいのかもしれない。

 

 

自分が正しいか、間違っているかどうかなんて一生わからない。

どちらかを信じようとしても、一瞬でも懐疑主義に陥った者に安息の日々は訪れない。

 

僕が今見ているこの世界で確実なものは、鈍く断続的な頭痛と、首吊り用のロープと、首吊り時の嘔吐感だけだ。

 

何も考えたくないのでとりあえず寝る。眠気はないが、他にしたいこともない。頭がじくじくと痛む。