読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenpi20の灰色マインドマップ日記

にわか作家志望(某メーカー研究職、新入社員)による、現状把握・思考整理

【日記】 人並みの幸せは掴めないが

 

どうしようもない生活を送っているけれど、少しだけ、前向きな気持ちになったので書き残しておこうと思う。

 

 

僕の人生は冴えない。

この三連休も、一日目は休日出勤で、二日目は家で転職サイトや自己啓発本を斜め読みして終わった。
最終日の今日は、持ち帰ってきた仕事をやる予定だ。

 

仕事もぱっとしない。新人であることを差し引いても、お世辞にも仕事が出来るとは言えない。そもそも興味がない。ではどんな仕事に興味があるかというと、別に何があるわけでもない。
要するに、努力することから逃げている。

 

仕事の都合で田舎に来ているので、劇場や美術館もない。友達もいない。飲食店巡りも大体行き尽くした。
「27歳まで独身だったら結婚しよう」と話していた女性には彼氏が出来た。

 

趣味の小説執筆も、新人賞の締め切りに向けて慌てて書いている感じだ。何というか、せかせかしている。


---

 

それでも少しだけ心は上向きなのは、昨日、『ティファニーで朝食を』の「ムーンリバー」を聞いていたからだ。

 


ムーン・リバー by オードリー・ヘップバーン


僕はこの曲が好きだ。

英語が苦手なので歌詞の意味は調べなければ分からないけれど、気持ちが穏やかになる。

 

結局のところ、人を癒やすことが出来るのは芸術だけだと思う。

 

これは一時的な応急処置にすぎないし、また数時間後には死ぬことばかり考えているのだと思うけれど、一瞬でも生きていたいと思えたという事実は大きい。

 

---

 

『真面目に生きていればいいことがある』というのは嘘だと思う。

極論を言えば、ガス室に送り込まれたユダヤ人が不真面目だったとは思えない。

身近な例でも、交通事故に巻き込まれて死んだ人間は不真面目だったのか。父親に犯され続けた女性は不真面目だったのか。

 

どう生きた所で、ぼくは多分、人並みの幸せはつかめないだろう。

親とは結局うまくいっていないし、仕事を愛してもいないし、また愛すべき人も居ない。人に愛されていないし、僕も自分を愛してもいない。

 

それでもムーンリバーは好きだ。ナイン・ストーリーズは何度読んでも素晴らしい。落語の芝浜を聴くと今でも泣いてしまう。茨木のり子の詩を、僕は死ぬ瞬間まで忘れないだろう。

 

僕の人生に本質があるとすれば、多分そういった部分だと思う。これら(というか僕の存在)は、周囲から見ればどうでもいい、ゴミみたいな要素だろうけれど、僕自身がこのために生きていると思うのだから、そこにしか正答はない。

少なくとも今日僕は生きているのだ。そう思える瞬間が確かに存在していたことを書き残しておこうと思う。

 

 

【日記】 休日(人生)がつまらないが、原因と解決法が分からない


最近色々とあまり上手くいっていない。


ブログを書いていなかったのは、単純に忙しかったのもあるけれど、
「ブログを書く」という時間の使い方が正しいのかよく分からなくなったからだ。

 

それでも今日こうして書くことにしたのは、

僕が生きている(生きていた)こと、少しはモノを考えていることを、誰かに伝えたかったからだと思う。


色々と書くべきことはあるけれど、とりあえず休日について書こうと思う。

 

 

---

 

正しい時間の使い方がよく分からない。

休日はとにかく家で落ち込んでいる。

 

映画や小説は相変わらず好きで、それなりに観て読んでいるのだけど、

モヤがかかっているような、完全に楽しめないような気分だ。

 

「人とかかわったほうが良いのかな」と考え、でも転勤先に居て友人も居ないので、

『読書会』なる社会人サークルに参加した。

結果、趣味の友達(というか知り合い)が何人か出来た。

おそらくこれは良い事なんだろうと思う。

 

だけれど、僕の興味がいつまでもつか、自信がない。

それにそもそも僕は転勤族だ。いつまでここに居るかも分からない。

 

 

で、そこで会った女性に二人で会わないかと誘われ、二人で会った。

その人はテレビが好きらしく、芸能人の話をよくしてきて、あまり話は合わないなあと感じた。

相手はどう思っているのだろう? よく分からない。この行為に意味はあるのだろうか?

こんな心持ちなのに会う回数を重ねるのはちょっと心苦しい。

 

 

「料理ができる人になりたい」と思って、簡単な料理もしてみた。

毎日作るのではなく、好きな料理だけでも作れるようになろうと、

ツナサンドや、ナポリタン、カレーなんかを本格的に作ってみたこともあった。

しかし2~3回で飽きてしまった。

 

外食(食べあるき)は趣味として破綻した。

転勤で来ているこの街の有名店は大体行ったし、どこも別に美味しくはない。

 


資格の勉強も初めてみた。が、気持ちがあまり入らない。

特にやりたい(出来るようになりたい)仕事がある訳でもないからだ。

「やらなきゃなあ」と思って、進んでいない。

 

 

小説の執筆は、あまり進んではいない。前に書き上げたものは自分なりによく書けていたのだが、今のやつはあまり自信がない。

 

柄にもなくジョギングもしてみた。3年ぶりくらいだ。

これもまあ、悪い方法ではないが、続いてはいない。「こんなことをして何になるんだ?」という気持ちが消えない。

 


結局やっているのは、ネットで無料公開されている漫画を読むことくらいだ。

それも楽しんで読んでいるという感じではない。時間を浪費している感覚。しかし何かをしたい訳ではない。

 


一体何を苦しんでいるのか自分でもよく分からない。

どうなりたいのか、何がしたいのか、分からない。

旅行に行って発散したいという気持ちもないし、今の僕は、友達と話しても良い結果にはならない気がする。

何をしていても、「こんなことをして何になるんだ?」という気持ちがつきまとう。*1

 


自分にとって有意義な行為って何だろう?

「小説を書くことだ!」と自分を偽るのは、まぁ無理すれば出来るだろうか。

「今の仕事を頑張ることだ!」という嘘は、もうそろそろ自分には効かない。

「休日くらい好きなように遊べばいいさ」というのは、まあそうかもしれないが、ではこの焦燥感は何なのだろう? 「好きなように」って何だろう?

 


たぶん問題はもっと他のところにある。

孤独であることとか、野菜不足であるとか、運動不足であることとか、職場でうまくいっていないこととか、親と一悶着して実家に帰れないこととか、まあ、何かあるのだろう。

それとも、もしかして、うつ病であって、精神科に行けばいいのだろうか。

 


問題も、解決方法も、全然分からない。

 

ただ何となく、こうして憂鬱な気持ちのまま時間が過ぎて、どこかのタイミングで死ぬのだろうなという予想だけが頭にある。

 

思えば僕は、小学生の頃から「学校にも家にも居たくない」と思っていた。

中学以降は少しはマシだったけれど、「つまらないな」とは感じていた。

おそらく、死ぬまでそうなんだろうな、ということを漠然と感じている。

 

僕は人を救うことができないし、自分を救うこともできない。誰にとってもどうでもいい存在だ。

これを読んでいる皆さんは、きっとそうではないので、楽しく生きて欲しいと思う。

僕みたいにはならないでほしい。

 

 

 

*1:このブログを最近書かなかったのもそういう理由だ。

【仕事】 生活のために、やりたくない仕事をするということ ――人生はどこまで我慢するべきなのか?


会社に入って丸一年が経ったが、会社を辞めることばかり考えている。

 

今回は、結局どうするのか、というのを整理する意味で、今の気持ちを描いておきたい。

結論などは特に用意していません。

 

続きを読む

【転載記事】 スクールランブルSS 『#64.5』(転載)

 

ふと思い出したので忘れない内に書いておく。

 

二次創作の小説のことを「SS」と呼ぶ。

本記事では、今から12年前に書かれ、匿名掲示板で公開されたあるSSを転載しようと思う。

 

なぜ今ここで転載するか、理由は大きく2つある。

ひとつは、そのSSが現在、ネットの海に埋もれていて探し出せない状況だからだ。

ふたつめは、当時、幼い僕が衝撃を受けた作品だからだ。


SSを転載する前に、僕の都合を少し書こうと思う。

 

続きを読む

【考察】 「生きる意味」はあるか。それはどんな内容か。

 


「生きる意味」について、できるだけ事実だけを積み上げて書いていきたいと思う。

「生きる意味」と書いたが、つまり「人生の意義」や「生きがい」と同義と考えて貰って構わない。

 

「事実だけを積み上げる」というのは、主観的な善悪とか、思い込みを含まずに考えるということだ。

 

 

まず結論を書くと、「生きる意味はある」というのも「生きる意味などない」というのも間違いだ。
その上で、どうすれば「自分には(○○という)生きる意味がある」と思えるかを書いていく。

 

 

 

■貴方に「生きる意味」はあるか

 

まず「生きる意味」を考える前に、「意味」とは何かをはっきりさせる必要がある。

辞書をひくと、意味とは
「行為・表現・物事の、それが行われ、また、存在するにふさわしい、価値。」
とある。


問題は"ふさわしい"という部分だ。
"ふさわしいかどうか"という判断は、主観的なものだ。
言い換えると、"ふさわしいかどうか"は、主体の受け取り方によって異なる。

つまり、"意味(価値)が有るかどうか"は主観的な問題(主体の受け取り方次第)ということになる。


分かりにくい表現だったかもしれないが、これは当然のことを言っているにすぎない。

例えば目の前にドーナツがあるとする。
甘党の人にとって、このドーナツは意味(価値)があるだろう。
しかし甘い物が嫌いな人にとって、ドーナツに意味(価値)はない。
このように、物が存在する意味(価値)は主体の受け取り方次第で変化する。

 

以上より、貴方の意味(価値)も、主体の受け取り方次第で変化する。

もし貴方がある人物に必要とされているのなら、今現在、その人にとって貴方には意味(価値)がある。
もし貴方がある人物に必要とされていないのなら、今現在、その人にとって貴方には意味(価値)がない。

 

まとめ。

あなたの「人生の意味」は、捉える相手によってあったりなかったりするし、内容も変化する。


---


※余談。
「誰にとっても意味のない人間」は居ない。
というのは、「全ての人間に生きていて欲しい」と感じている人間は、少なからず存在するからだ。
そういう人にとって、あなたの人生(生)には意味がある。

逆に、「誰にとっても意味のある人間」は居ない。
というのは、「全ての人間に死んで欲しい」と感じている人間は、少なからず存在するからだ。
そういう人にとって、あなたの人生(生)には意味がない。

 

 


■自分にとって重要な「生きる意味」とは何か

 

さて、貴方の人生は、一部の人物にとっては意味があって、それ以外の人物にとっては意味はない、ということが分かった。

冗長に書き換えると以下のようになる。

<事実A>「対象Aにとって、あなたの人生には意味がある/ない」
<事実B>「対象Bにとって、あなたの人生には意味がある/ない」
<事実C>「対象Cにとって、あなたの人生には意味がある/ない」
<事実D>「対象Dにとって、あなたの人生には意味がある/ない」
<事実E>「対象Eにとって、あなたの人生には意味がある/ない」
<事実F>「対象Fにとって、あなたの人生には意味がある/ない」
<事実G>「対象Gにとって、あなたの人生には意味がある/ない」


 

これらの事実のうち、重要な事実とそうでない事実があるだろう。

重要な事実とは、「重要な対象にとって、あなたの人生には意味がある/ない」ということだ。

「重要な対象」は、言い換えると「あなたにとって意味がある対象」ということになる。

 

つまり
「あなたにとって意味がある対象にとって、あなたの人生には意味がある/ない」
という事実があなたにとって重要である。


まとめると、
貴方は、対象と互いに「意味がある」と感じ合っている場合のみ、自分にとって重要な「生きる意味」を持つ。

 

 

 

 

■貴方に、自分にとって重要な「生きる意味」はあるか

では、この話を具体化して実生活に落とし込んでみよう。

 

<パターン1>自分で自分のことを重要だと感じている場合

 この場合、貴方は対象と互いに「意味がある」と感じ合っているため、
 貴方には無条件に、納得できる「生きる意味」がある。
 その内容は、自分に問いかけてみればいい。
 つまり、「自分に意味がある」と感じる理由が、そのまま貴方の「生きる意味(価値)」だ。

 

<パターン2>とある他者を重要だと感じている場合
 この場合、貴方はその他者に重視されている場合のみ、納得できる「生きる意味」を持つ。
 それは親でもいいし、恋人でも、神でも良い。
 その内容は相手に「あなたにとって私の存在意義って何?」問いかけてみればいい。その答えが貴方の「生きる意味(価値)」だ。

 

<パターン3>「自分を含む全員を重要だと感じていない場合」
 この場合、貴方には納得できる「生きる意味」がない。
 『対象と互いに「意味がある」と感じ合っている』という条件は絶対に満たされないからだ。

 


■自分にとって重要な「生きる意味」を持つためにするべきこと

 

(方法①)自分を好きになる。
(方法②)誰かを好きになり、その対象に好かれる。

 

 この2つの方法がある。これ以外に方法はない。

 

---

 

以上。

要するに、何かに意味を見出さない限り、自分自身の意味も生まれない。

 

 

 

 

【日記】 小説を新人賞に投稿した。

 

印刷した自作小説をポストに投函してきたので、その報告。

厚みのある文書を投函するなんて初めてで、ちゃんと届くか心配だ。

でもまあ駄目なら帰ってくるだろう。どきどきする。

 


書き終わったのは結構前(数カ月前)なのだけど、
誤字脱字チェックはもちろん、友人の皆様に読んで頂きコメントを基に修正したり*1

一人暮らしのため部屋を探したり車を買ったり、新居でプリンタや紙を買ったりで遅くなってしまった。

でもまあ自分なりに早くできたし良いだろう。

 


引っ越してから19日経つのだが、家では小説執筆しかしていない。
ブログを書いていないのも時間がもったいないからだし、趣味の映画も観ていない。
田舎すぎて他にやることがない、というのもあるかもしれない。まあ結果が良ければいい。

 


今後の人生については少し迷っている。

僕はこのままだと、仕事に熱中できず、家庭も築かず、ずっと孤独に趣味の小説を書いて過ごし、孤独に死ぬ。

それが自分にとって良いのか悪いのかよく分からない。

 

かといって、仕事に精を出したり、転職をしたりすると、生活が向上する可能性はあるが、小説を書く時間が減る。

それが自分にとって良いのか悪いのかよく分からない。

 


ふわふわしていて、よく分からないままだ。多分寂しいのだと思う。

だが、ただ流されていると事態はどんどん悪化する、ということも学んだ。

 

とりあえず今は、次の小説を書き始めたのでそれをさっさと終わらせようと思っている。
転職するのであれば早めに動かなければならないのだが……。

 

まあいい。憂鬱な気持ちがいつか消えればいいな、と思う。

 

*1:本当にありがとうございました。僕は幸せものです。

【家庭】 過干渉な親の下を離れた,1年目の正月帰省の報告

 

明けましておめでとうございます。

過干渉な親(毒親?)の家庭を4月に出た者が、正月に帰省して、どうだったかを書こうと思います。


※我が家の状況については、過去の記事を参照ください。

 

 

---


まず、母は元気そうだった。
僕が出て行った当初は寂しがっていたそうだが、しばらくして諸事情で姉が家に帰ってきており、
そのお陰で寂しさが紛れたらしい。

「パートがつらい」とか「面白いことがない」とかそういう愚痴は言っていたが、まあ、普通の会話の範疇だったと思う。

そういう態度に対して、僕も特に思うところはなかった。気分を害することもなく聴けた。


今後の僕の転勤とか、転職とか、「いつ実家に帰ってくるのか」とか、そういう話はしなかった。あえて避けているようにも思えた。おそらく、僕が嫌がるのが分かっているのだ。
細かい胸の内は分からないが、とにかく直接的な話はしなかった。


帰宅後4~5日目(家を出る頃)には、少し際どい話もされた。
僕が数年前にあげた誕生日プレゼントがとても嬉しかったと話しながら泣き出したり、「お前が私のためを思って嫌々居間にきて話をしてくれているのは分かってる」と言われたりはした。

だが僕は別にどうも思わなかった。
同居している時だったら、こういうことで神経をすり減らしていたかもしれない。しかし今の僕は、母が割と簡単に「そういう状態」になることを知っているし、心を傷めることもなかった。理屈だけでなく、心の底からそう思えた。


こうした事からも、やはり「離れて暮らす」ということは非常に有用だと思う。
自分の考え方も好転したし、親側の状況も好転した(結果論だが)



だからやはり、親との関係に悩んでいる人には、一度家を出ることをお勧めする。

もちろん誰でも実践できる訳ではない。お金だって要るし、生活を変える覚悟だって必要だ。
だから「絶対しろ!」なんて無責任なことは言わない。

 

でも一つの(有力な)手法として、離れて暮らすということも考えておいてほしいと思う。

そうすることで、自分も親も変わる可能性がある。